FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

作り手の世代

前回の藤田さんは一回り下でした。
今回の高松さんや岡崎さんや水島さんは望月さんたちは、
二回り下の感じです。

catpots788.jpg

育った世代が違っても、工芸、とくに器などは、
そう違いが出てくるものではなかったと思っていましたが、
このあたりで、そろそろ違いが見えかくれしてきたかもしれません。

器へ対しての、姿勢やスタンスは、
作り手だけでなく、使い手側も、
変わってきているのでしょう。

catpots793.jpg

それでも、うつわ屋は思います。
いまどきの話ではなく、時代錯誤のような昔話と意識しながら、
おいでになる、若いママのお客様や、
若い紳士とお話しさせていただいていると、
たまたま知る機会がなかっただけで、
ぼくの骨董話を、とてもすんなり理解してくださって、
スムーズに伝わることがあると、
「あれ、オヤジたちの知恵も満更でもないかも」などと、
思うことも。

catpots802.jpg

反面、若い作り手たちの、
今の暮らしからでないと出来てこない器というのも、
新鮮で勢いのある器で、とても嬉しくなります。

ぼくには、変化も伝統も興味深いことです。
時代の一部しか覗けないながらも感じとれることも、
少し巾を持ってみれることで見えてくることも、
好きな器のことだと、飽きることなく眺め続けていられます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/870-4a2535a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)