FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ころあいの楕円皿

武井順一さんの木の仕事は、
ロクロではなく手から生み出されることを活かして、
円ではなく、楕円や長方形や自由な不定形が多いとお話ししました。

今日ご紹介する楕円の皿2点も、
そんな武井さんらしい仕事の皿で、
また、一番日常のなかで活躍する器です。

takei072.jpg

takei073.jpg

takei074.jpg
長皿 12600円 W35cm D15cm H2cm
カツラ漆仕上げ

この皿は、シンプルなデザインとノミ目を生かした何気ない楕円皿です。
その分、メニューや出番を選ばず、
また、使いごろの大きさで、1枚でも、人数分でも、
食卓でフルに活躍することでしょう。

takei070.jpg

takei071.jpg
アザミ文皿 14700円 W27.5cm D18cm H1.6cm
ウォールナッツ漆仕上げ

ウォールナッツの質感にマッチしたアザミ文様を美しく彫り上げた、
こちらも、武井さんらしい仕事の楕円皿です。

皿として使うだけでなく、
プレートとして、敷き皿としても、
やきものやガラスとの取り合わせしても、
引き立て合って、豊かな演出の手助けをしてくれるはずです。

漆の仕上げをしてありますが、漆器としてというより、
刳りだした、彫り上げた木の表情や、
木目を最大限に生かし、また汚れや摩滅から守り、
日常で使いやすくする方法としての漆仕上げです。

長く身近に、木の器をつきあってもらうことを、
木肌や木目を楽しんで頂けるようにと願って制作しています。
漆器同様に、メンテナンスのお手伝いや相談も、
武井さんは気軽に受けてくれます。
どうぞ安心して使って見てください。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/888-c04c154c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)