FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

定番の仕事と出会いの仕事

稲垣明子さんの仕事は大きく二つにわけれます。
繰り返し作っていく定番のグレートーンシリーズと、
inagaki184.jpg


原則的に同じであるこに縛られることなく一つずつ作る、
結晶釉の仕事や、
inagaki198.jpg


練り込みの仕事や、
inagaki276.jpg


面取りの仕事があります。
inagaki227.jpg

それらは、全く違うように見える部分と、
実は同じと言っていい感性で作られている部分を、
総合的に繋がり構築されているのが、
稲垣さんの生み出す器の仕事です。

inagaki218.jpg

グレートーンシリーズと結晶釉の素地は基本的に同じです。
時にフォルムも両用していますが、
ロクロの挽き方は全く違いい、結晶釉は釉を厚く施すために、
グレーシリーズより薄く仕上げています。
焼き上がった時に、稲垣さんのイメージの同じ厚さにするためでしょう。
そのために、光に空かすと、ガラスかと思うほど透けます。

inagaki193.jpg


グレートーンシリーズの象眼と同じ方法で、
結晶釉も絵柄を描いています。
グレートーンは、定番として、揺らがないように、
絵柄がすっきりはっきり見えるようにしています。
同じ象眼でも結晶釉の方は、
予期された偶然を念頭においてですが、
窯によって釉の溶け方の違いで、
象眼した色や線が滲み出したり、
溶けて流れたりする様を景色にしています。

inagaki274.jpg


練り込みや面取りは、
焼き上がりの窯変をイメージして、
釉や、化粧かけや、絵の具などを使って、
一つずつ描いているといっていい仕事をしています。

inagaki277.jpg

さらに練り込みは、練り込みの文様も姿も、
全く一つずつ、その時の心のままにつくりだしています。
面取りは、グレートーンシリーズと同じくらいに、
径と高さを規格化しています。

一見すると、ときに別な人の作品にさえ見られる、
これらの仕事には、稲垣スタイルがしっかり構築されていて、
それは、手しえ、料理を盛り、片付けて収納してと、
使っていると、感じる使い心地などに同じ響きを感じて来るはずです。

一口に言ってしまうと、凄く真面目で真摯な仕事ぶりが、
稲垣さんの器一つ一つに仕込まれています。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お返事です

はぐみさん
そうなんですよね~生み出すDNAが一緒だから、
ちょっと目は違う兄弟も、
基本の部分には、きっちりした共通の思いが、
しっかり詰まっています。

Sunnyさん
日本においでになっているとは思っていました。
その分圧縮凝縮した毎日を送っていて、
きっと忙しくしているのだろうって、そう思っていました。
季節の変わり目、疲れが出たり、体調崩さないように。
楽しく過ごしてくださいね。
きっといつかお目にかかれることがあることを、
夢に願っておきます。

N.kojimaさま
仰るとおりです。
日々使うものに、手で作られたものを、
選び、使える国って、凄く文化の高い国だと思います。
それこそ「美しい国」なのでしょうけど・・・。
う~ん、現実はどうかな?
うつわ屋として手仕事の器の橋渡しがんばります。

人の作りしもの。
それは、魅力ありますよね
それだけで。
まして、日々使うもの。
手仕事。
いつまでも残ってほしいですよね。

  • 2007/10/25(木) 09:17:43 |
  • URL |
  • N.kojima #n63IQ1vs
  • [ 編集]

面取りのお茶碗、素敵ですね~。日本にいながら、ちっとも滞在を楽しむゆとりのない私です。のんびり器めぐりなどするつもりでいたのですが・・・ようやく甘庵さんのブログに伺うことができました。せめて目の保養、させてくださいね!

  • 2007/10/25(木) 09:12:21 |
  • URL |
  • Sunny #-
  • [ 編集]

子供はたくさんいても生みの親はたったひとりの稲垣さんhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/803.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/10/23(火) 14:18:21 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/907-0f1f96fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)