FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ポット色々

加藤財さんのポットが出来たのは、
財急須のファンから、煎茶には抜群の急須の魅力をそのままに、
「たっぷりお茶を飲む大きめのが欲しい」
「紅茶のポットも欲しい」
「番茶やほうじ茶を飲むたい」
などという声から生まれました。

kato320.jpg
ポット 茶 丸 ・ナス・瓶子10500円
美しい姿の瓶子型が、
加藤さんのパートナーの「お花が生けられそうな姿の・・・」という、
声から初めてのポットとして出来上がり。
後は次々に、丸形、砲弾形、ナス形、アラジンと読んでる平形、
続々とできてきました。

kato319.jpg
ポット 白 丸 ・ナス・瓶子10500円
丸形やナス形はは見変えよりかなり入り、400ccから500ccほど、
砲弾形やアラジンは300cc~400ccほどと、
お使いになる方の希望する容積によっても、選んでいただけます。


kato332.jpg
緋だすきポット 11550円
色も、ベーシックな茶や茶黒、
白や緋だすき、また素地に呉須をいれた青などがあり、
釉薬ではない、素地の色と窯で、
すべて一つずつです。

kato379.jpg
ポット 青 平・丸 11500円
お好みで、姿や色や焼き方を選び、
ご自分の煎れたいお茶や茶碗や湯呑みの大きさや家族数で大きさを選び、
それでも絞れない時のために、水をいれて試してもらうために、
会場にはいつもメジャーカップに水を入れておいてあります。

ところが皆さん、選び出したポットに水をいれて、
思いのほか入ると簡単の声を上げ、
切れの良さに感心し、注ぎ心地の良さを楽しまれていて、
かえって迷わすことになっているかもしれません。
その点は当たり前なのが加藤さんの急須ポットなんです。

まぁー結局決め手は、お好みになっているようですね。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/917-81c0931f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)