FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

基本は丸

加藤財さんの急須ポット展最終日になりました。
びっちりと並んでいた急須ポットが、
プロポーションが見え隠れするほどのなってきました。
それもでも選ぶ方は、
「これもいい、あれもいいし」
「迷ったらわかんなくなってきました」
などと仰りながら絞りきれずに迷う方がおおいですね。

kato422.jpg

助言をさせていただいて、
候補を3点か4点ほどに絞れたときに、
いったん別の場所で移動して並べてもらいます。
水切れはどれもいいのですが、
水を入れて頂き、容積を確認していただき、
実際に注いでもらい、ご自分の手に馴染むものを探りだすようにして、
選ぶというより、心を鬼にしてふるい落としながら、
絞り込んでいかないと・・・・。

それでも楽しそうに小一時間ぐらい迷うかたは、
よくおいでになりますね。

kato425.jpg

最後に「これにします」と決断の声をあげられて、
両手で愛おしそうに包み込んで、
ぼくに手渡ししてくださるとには、
すっかりお客様の体温と想いで暖められた、
急須やポットになっています。

加藤さんの生み出す丸い造形は、
目に優しく、心和ませてくれるフォルムで、
手に取れば、掌の心地よさにうっとり出来ます。

急須でもポットでも、
球体だけでなく、平形も、なすび形も、瓶子形も、
どれも、丸が基本に作られていて、
そのまろやかな美しさが、惹きつけられしまう魅力です。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

たなごころ

手のひらから、作り手の技量や、心意気を感じ取り、
ぬくもりを受け取れる感触の心地よさこそ、
「掌が良い」といってよいのでしょう。

癒し

見ててもあったかhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/803.gif" alt="" width="14" height="15">使ってもあったかhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/803.gif" alt="" width="14" height="15">で脳が癒される感じ~http://blog74.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/11/06(火) 12:45:42 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/920-b03fabae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)