FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あたたかで華やかな器

荻窪の今朝も冷え込んだと思ったら、
北のほうでは、雪がかなり降ったようですね。
いよいよ秋から冬に季節が移ろうとしています。
荻窪「銀花」では、明日から中條正康さんの個展がはじまります。

chujo568.jpg

中條さんの作り出す器には、心がほんわりと温かくなる絵柄が描かれています。
下絵に加えて、多色の上絵も施されていて、
何度も窯で焼かれた、手の掛かる絵付け仕事です。
そのために、「銀花」では、
開催できても隔年となります。
楽しみに待っていただいたお客さまも多いこと思います。

chujo571.jpg

長く見せていただいていますが、
毎回新鮮は器や絵柄を見せてくれる中條さん。
今年もやっぱり新柄新作があり、ぼくもわくわくしています。

手がかかることから、価格も少し高めな器もありますが、
華やかで、気品がある器が多くて、
晴れの器として、十分に価値があると思います。

chujo574.jpg

師走、クリスマス、暮れ、お正月と、
晴れの場の多い季節です。
きっと素敵な出会いがあると思います。
ぜひ、手にとって頂きたい器ばかりです。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/936-7df59781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)