FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ほっとする色ガラス

隔年の開催をお願いしている西川孝次さんのガラス展は、
楽しみにしていただいているお客さまも多く、
ご来店頂いての数分間の皆さんのワクワク加減が、
ヒシヒシと伝わって来て、
橋渡しをしている幸せ感に包まれます。

nishikawa726.jpg

夏が多いガラスの企画展を、
あえて冬にやっていただいているには、
いくつかの理由があります。

まずは、西川さんの温かくほっとする色合いのガラスが、
クリスマスや暮れというこの時期になんだかぴったりするからです。
nishikawa759.jpg

夏だと、一人で作られている西川さんもオーバーヒート気味。
この時期なら、ゆっくり仕事をしていただけて、
ゆとりから遊び心も仕込んでくださるだろう・・・と、
希望的発想もあります。

そして、冬のあたたかなお部屋では、
冷たい飲み物が、夏に続いて美味しい季節。
お酒、ワインなどのアルコールも進んでしまう時期。
そんな季節に合わせての企画展です。

nishikawa737.jpg

クリスマスツリーみたいな色合いの瓶。
オーナメントにしたい盃。
楽しパーティを連想するグラス。

そんなほっとする色ガラスの器が集まっています。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

毎度~

お世話になってま~す。
ほんとに今年もあっという間でした。
いえ、これはTさんでも思うでしょうが、
ぼくのお年頃になるともう、加速度が倍増しましてね~。
あっつ~まの一年です。
そうか~。今年は切ない年だったのね。
うん、きっと来年はハッピーなバラ色の年になりますよ。


もう今年も残り僅かになってしまいました。

振り返ってみると、かなり切なくなるので。年内、仕事以外は何をするか、どう息抜きをするか、と考えちゃいます(苦笑)。

ともあれ、温かい雰囲気の硝子達を(PCが使えないので)、携帯からブログを通して楽しませて頂きますね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/951-c0fef027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)