FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

重なり解け合う色

西川孝次さんのガラスを手にとって、
「懐かしい感じがします」という印象を持つ方が、
老若男女に変わらずに、多いんです。

nishikawa782.jpg
赤ぼかし面取り酒瓶 16800円
それはきっと、少し飴色がかった素地と、
そこに溶かされた色合いが少し濁り、
また、いくつかの色ガラスを重ねてあるために、
生み出される色合いが、混ざり込み解け合い、
動きのある重なりを見せてくれるからでしょう。

nishikawa783.jpg
紫六角リキュール瓶 9450円
面取りワイングラス 4515円

置かれる場所や、背景の色合いや、
差し込むあかりや、照らされるランプや、
一日の時間でも、表情を変えます。

nishikawa784.jpg
青リキュール瓶 8925円
赤ぼかショットグラス 3990円

のぞき込んでいて飽きのこないガラスです。
海を見ていたり、空を眺めている感じに似ているかもしれません。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

三丁目の夕日http://blog74.fc2.com/image/icon/e/371.gif" alt="" width="14" height="15">の世界みたいでレトロチックhttp://blog74.fc2.com/image/icon/e/446.gif" alt="" width="14" height="15">

  • 2007/12/11(火) 19:54:41 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/955-4e3ea941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)