FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

金属とガラスの相性

西川さんは吹き型の使い方は凄くいいんです。
量産のために使われる金型とは少し違い、
吹きガラスのフォルムや表情に広がりを引き出すのに、
いろいろな金型を有効に使っています。

nishikawa785.jpg
左から:金型吹き込み緑酒瓶 26250円
金型吹き込み(うぐいす・青)タンブラー 8925円
金型吹き込み青ぐい呑み 7875円


西川さんがかつて、
造船所で金属に関わって働いて、
その後、ガラスの仕事になったそうです。
その時の技術や、金属が好きを、
ガラス作りに活きてきているのが、
金型なのだと、ぼくは思っています。

吹き込む金型は、見ることが出来ないので、
出来上がった形から、
吹き込まれた柔らかなガラスが、
金型の中で、形作られていったところを思い浮かべたいました。

金型へ吹き込んだシリーズを初めて見たときに、
「ああー吹き込まれたガラスはこんな風に金型に馴染んでいくんだ~」
「その時のガラスって柔らかいんだな~」
と、実感出来たのを、今でも懐かしく記憶しています。

nishikawa787.jpg
金型吹き込み青タンブラー 8925円

吹き込まれたガラスが、
拭いた息の力で、型に空けられた穴にそって、
盛り上がって、出ている動きのある姿が、
なかなか素敵です。

nishikawa786.jpg
金型吹き込みうぐいすタンブラー 8925円

真鍮や銅の金型も、もちろん西川さんの仕事。
リベットで留めたところが、
西川さんのガラス素地や色ガラスに、
金型と相性の良いところを見せてくれていて、
取り合わせの妙を見せてくれています。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

いいですね~
懐かしい感じもします。

  • 2007/12/13(木) 23:51:01 |
  • URL |
  • N.Kojima #n63IQ1vs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/957-5993ea4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まぎらわしい!100万円札のメモ帳

札束でできたメモ帳!取扱注意

  • 2007/12/13(木) 15:58:07 |
  • ネタ画像道