FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

上げ底のオマケ

西川孝次さんのガラス展も明日までです。
師走になってお忙しいでしょうけど、
ガラス好きの方は必見ですぞ~。
何とかご都合をつけてお出かけください。

nishikawa739.jpg

今日は、ショットグラスとシリーズのぐい呑みをご紹介します。
六角のガラスの塊が台になっていて、
その上に、小振りはカップが着いた感じの、
ショットグラスとぐい呑みは、超上げ底の杯です。

nishikawa819.jpg

ショットグラスは、アルコール度の高い酒を呑むために良いでしょう。
ぐい呑みは、少々酔って手元が怪しくなっても安定感のある盃です。
このガラスの塊は、存在感や重しになるだけはなく、
酒飲みのオマケになります。
いえ、肴になります。

nishikawa820.jpg

ぐびっと言った後に、
手の中でその重みや質感を楽しむと、
光に加減で煌めいたり、色々な色が滲み出してきます。
これなかなか楽しいんです。
ガラス好きなら間違いなく、
そうでない方でも、発見の喜びは、
上質な肴になります。

nishikawa1821.jpg

朝夕めっきり冷え込んできました。
今夜はナイトキャップにブランデー・・・。
いや、梅酒でも引っかけて、
西川ガラスの生み出す虹色を夢に持って行こう。

            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/962-e0bda13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)