FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

温故知新

光藤佐さんの食器を中心にした器が、
使いやすく盛り映えがして、
使うほどに良い感じで侘びて行くので、
一度使った方が、根強いファンになってくださることが、
多い作り手です。

mitufuji146.jpg

器としての内容に直接には関わらないのですが、
酒器や碗などの、風雅や嗜好の要素の強いヤキモノを、
光藤さんは、自分の楽しみのためと言っても良いほど、
作り続けています。

mitufuji147.jpg

それはちょうど、自動車メーカーのレース参加に、
似ているのではと思っています。
今すぐ役にたつわけでもないかもしれないし、
そうそう、売れるとも限りません。
でも、ハードルを高くすることで得られる技術や、
経験してみないと、見えてこないところを、
体験し会得するところは、同じ要素ではないかと思います。

mitufuji144.jpg

茶陶は長い歴史の中ではぐくまれたものです。
品と格、侘び寂、数寄心など、
伝統的な技や心構えも必要な奥の深い仕事になります。

mitufuji145.jpg

名作や骨董に目がいくようになるのも自然なのでしょう。
まさに「温故知新」そのものですね。
「ふるきをたずね(あたため)あたらしきをしる」
他の世界でも通じることでしょうが、
物作りには欠かせないことなのでしょう。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村?工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/993-fb0720ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)