FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

少しずつほどきながらも緩めずに

荻窪銀花は本日より通常営業を再開します。
と言っても銀花は前からと同じスタイルで、
ご来店いただく前にご予約をいただいて、
お客さまが重なることのないように、
ゆっくりご覧いただいています。

新型コロナウイルス対策としても、
有効な方法になっていると思います。
まだまだご来店いただくお客さまは、
とても少ないと思うのですが・・・。
のんびりペースの仕事だった店主が、
緊張感を持ってお迎えする、
リハビリ運営になりそうです。

20_chujo_0764.jpg
中條正康
色絵絵替小皿 2,200円径8.8cmH3cm
飯碗小 3,850円 径11.5cmH5.5cm


起きて検温し平熱確認。
11時開店に合わせていつもの掃除に加えて、
お客さまが触れそうな部分を、
次亜塩酸ナトリウムの水溶液で拭き掃除。
窓を開けて換気扇フル回転・・・少しうるさいな。

20_chujo_0766.jpg

緊張は良いけど物々しすぎると、
気持ちがカサつきな・・・。
今日のブログは可愛い花文の器の、
中條正康さんの花菖蒲?杜若?の、
飯碗と小皿をご紹介します。

20_chujo_0765.jpg

荻窪銀花から自転車で程よい距離の、
湧水のある複数の公園で、
花菖蒲や杜若がまだ見頃ではないかと、
次のお休みに尋ねてみようかな。

20_chujo_0767.jpg

初夏を感じ取れる瑞々しい花は、
華やかさを見せながらも、
清々しさも備えていますね。
その風情が飯碗と小皿にも、
よく描かれています。

              甘庵
  

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

板皿はロクロ回して切り開く

東京を含めた首都圏はまだ緊急事態が解除されていませんが、
随分新しい感染者数が減ってきていますね。
皆さんの我慢と努力の結果ですね。
もう一息だと思います。

銀花も6月に入って伸ばしていた、
巳亦敬一さんの個展を開催する予定で準備しています。
今度こそは延期することなく開催できると願っています。

このところ日照時間0という日が続いていて、
撮影も進みませんでしたが、
なんとか一本動画をUPしました。


久保田信一 灰釉板皿 5,280円
W23.5cmD17cmH4cm


久保田信一さんの緑釉板皿です。
この皿は作り方が少し変わっています。
その辺りを説明しようとした動画ですが・・・。
まだ説明不足かもしれないので、ブログでも少し。

ロクロで花入であるような円筒形を挽き出します。
しっぴき(糸)で切り取ってパイプ状にします。
それを垂直に切れ目を入れて、
左右に板状に開き、形を整えます。
強めのロクロ目が動きのある表情に仕上がります。

焼くときにもロクロ目や挽き出した形を活かすために、
貝や粘土で皿を浮かせて焼いています。
貝を置いたところが貝高台と呼ばれて、
器好きや数寄人たちが喜ぶ見所になります。
作られ方が分かるとより愛着がわく気がします。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

開けて思わず微笑めば大成功

今日も動画をご紹介します。
荻窪は気持ちが重くなりそうなどんよりした空なので、
少し楽しい器・・・容れ物・・・陶箱をご紹介します。


村木律夫 箱 各11,000円
右:W9cmD7cmH9.7cm
左:W8.7cmD9cmH9.8cm


村木律夫さんのチョーク絵陶箱です。
絵の具をチョーク状にして下絵を施す方法ですが、
お子さんが小さい頃使っていた残りで、
すてに使わなくなったクレヨンを使ったと、
伺った覚えがあります。
青系はコバルトを使っているからそのまま発色するのでしょう。

家型の造形にぴったりの優しい線文様と青い釉調で、
なんだか気持ちが楽しくなるほっくりしてくる仕上がりです。
ロクロで作る蓋物は普通の器の様に高台になることが多いのですが、
これは塊から削り出して作られた箱で、
四隅に足が残しているところが、
家具や什器の方向性があって面白いですね。

蓋の裏も屋根型に刳ってあるので、
身の縁より高さのあるものも収納できて、
取り出しやすいかも・・・。

来訪者が思わず開けたくなる様にしつらえておき、
開けた時に中身を見て微笑む様な仕掛けが出来たら、
楽しいですよね。
 
                   甘庵
 
*昨日のブログ、拍手がいつもより多くなりました。ありがとう!!

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。
前のページ 次のページ