FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藤田語録 その2 「それでも・・・ぼくが五十歩」

藤田語録は面白くて、ためにな・・・ならないけど、
やきもの以外の武勇伝など多数あるのですが、
公的な場所での公表は、個人情報保護法 にも関わるので、
控えざるを得ないのが残念です。うふふ。
が、しかし、賢く、想像力たくましい読者の皆様を想定して、
書いてみますので、そのあたりは、うーんとたくさん拡大解釈、
もう、なかば妄想癖ぐらいで読みくだして頂けると、
面白いかもしれません。

さて、前置きはこのぐらいにして。
「五十歩百歩」という孟子の故事があります。
陶芸家F氏と陶芸家M氏の工房外活動における、
共同戦線において、互いの主導権もしくはリーダー的存在を、
懇意のお二人は互いに譲りあわれます。
F氏は「Mがどうしてもというので」
M氏は「Fが好むので・・・」と、
互いのきっかけや言い出しっぺを譲り合う姿は、
睦まじいほどの仲の良さです。
客観的に聞かせたいたぼくが、
「あのねーそういうのを五十歩百歩というんだよ」
F氏いわく「それでもぼくが五十歩です」と。

作り手の藤田佳三さんを紹介してくれたのは、
同じく作り手の光藤佐さんです。
お二人はそれぞれの仕事を認め合い、
また同じような手法で“うつわ”を作っていますが、
年を重ねる毎に、個性がそれぞれにのびてきて、
それぞれに魅力的になってきています。
そんな二人の個性の違いのお話しをさせて頂きます。

順序からM氏・・ではなく光藤さんから。
15年、それ以上前だったかもしれません。
光藤さんが、数点の作品をもって店を尋ねておいでになりました。
まだ20代のボクトツとしていましたが、好青年でした。
一生懸命さが伝わってくる“うつわ”でした。
いくつかの思うところを勝手にお話しして、
また作品が出来たらみせてくださいね。
ということで、お帰りになりました。
それから一月ぐらい経ったときに、
作品ができたので見て欲しいというので、
では送ってくださいと伝えると・・・・来ました。
5-6箱の段ボール箱が。
ちょっと楽しみに開けてみると、
確かにお話しした“うつわ”を改良したものがでてきました。
おー、なかなかいいじゃん!
では次の箱・・・同じ“うつわ”がまたまた。
ではでは次の箱は・・・うぬ、やはり同じ“うつわ”がー。
もしかして・・・・かくして、同じ“うつわ”が130個。
うーん。
はじめは、ちょっとあきれるというか・・・・。
でも、改めて考えると、凄いパワー。
これはただ者ではないかも。
少なくても、変人=ぼくと同類。
いずれにしてもその心意気を買っておいて良かった。
今にいたり、懇意にさせて頂いてます。
来年も1月後半に個展があります。

さて、
F氏・・・いな、藤田氏はそんな光藤氏に紹介されて、
訪ねて来てくれました。
やはり、まだ20代の人柄のよさそうな好青年でした。
同じように“うつわ”を見せて頂きながらお話しを伺い、
当時ぼくも若かったのでしょう。
藤田さんによれば、言いたい放題だったらしく、
それでも、その言葉を真摯に受け止めてくれて、
その一月半後に、見本が出来ましたとの電話。
では送ってください。と、ぼく。
早々に大きめの段ボールが送られてきました。
楽しみに開けてみれば、こちらはな、なんと。
全部違う。
包み方は当時からきちんと規格されたように、
整然と大変わかりやすく包まれ詰め込んであります。
ちなみに光藤氏は・・・非常に自由奔放に・・・無作為に。
ははは。
ともかく、開けてみると、60個前後の汲み出しが、
手法が同じでも少しずつ変えたり、
口端や、腰や、高台などの形も違っていました。
同じ物は一つもありませんでした。
わかりやすく一つずつに通し番号がついていました。
そうくれば、ぼくも番号順に、一つずつにコメントを書いて、
いえ、当時から・・・生まれてこのかた悪筆だったので、
ワープロをつかって表にしたものを同封して返送いたしました。
この件では、未だにぼくのこの真面目な厚意をですよー、
藤田氏は訴えるんです。
「手書きではなく冷たいワープロで書かれた評で、
しかもその中には、”きらい”と一言だけのコメントの汲み出しがあって、
ぼくは大変傷ついた・・・」と。
そりゃー、そうでしょうけど・・・。
その60-数点=50以上の丁寧な評はどうなの!!
まぁーいいや。

このお二人の、ちょっとベクトルが違うのですが、
作るエネルギーや作陶への意欲は群を抜いていました。
この点においては「五十歩百歩」・・・・ではないですね。
「65個130個」でしたね。
良い意味での「五十歩百歩」でしたが、
先日の宴でもまたその話が出たときに、
光藤さんの130個を大笑いしていたので、
藤田さんだって60個といったら、
「でもぼくは60個・・・」と、
純米酒「瑞雲」に舌鼓をうちながら、のたまう藤田氏でした。

k.fujita.jpg


 閑庵

雑貨屋ではありません


流行の言葉に寄り添うことや、
ジャンル分けには抵抗したくなるときがあります。
このあたりが、頑固オヤヂたるゆえんなのでしょう。

言葉は進化する物ですから、
案外、若い人が使う新しい言葉には、
抵抗もないのですが・・・。
むしろ、マスメディアの方々のお使いになる言葉や、
後ろに商売が見え隠れするときには、
どうも抵抗してしまいますね。

「癒し」や「こだわりの・・・」あたりには、
本来の意味から違うという気持ちで、
結構抵抗ありましたね。
取材などで、善意から、
「いやされる“うつわ”」とか、
「こだわって運営なさっていらしゃるんですね」などと言われると、
ついつい抵抗してしまう大人げない店主でした。

今は、「雑貨のプロ養成スクール」なるものまである、
雑貨とくくられる範囲に疑問や抵抗があるかな。
雑貨には雑貨のエリアがあると思うんです。
いえ、雑貨が嫌いなのでも、いやでもないんですが、
“うつわ”や食器や工芸が流行というだけで、
雑貨という言葉になびいたり、
くくられたりするのには、うーんちょっと抵抗感が・・・。

ブームの後が怖い。
イナゴが通り過ぎたあとにならないのかなーって。

荻窪銀花には、いきなり「雑貨」が・・・と、
くくられる“うつわ”も作品もあまりないので、
関係はないでしょうけど・・・・、
近い種別の、“うつわ”やカトラリーや布などを、
扱っているわけですから、
世の中をちょっと見渡した時に、
流行というだけで、そう美しくないものや便乗商品が、
世の中に氾濫するのには、
いささか、危惧するところがあります。

弱小企業の店だし、
前近代的な方法で手を抜かない作り手や、
価格の絶対値ではかなわない手仕事の作品ばかりなので・・・、
いまや、工芸屋や、作り手たちは、
国際保護動物並の愛情とご理解が必要なのではないかと、
思うことたびたびです。
工芸に理解ある皆様の、愛の手をさしのべて頂き、
なんとか、消滅しないように・・・絶滅かも?
それでは恐竜かな?
それでも、雑貨屋ではなく“うつわ屋”として、がんばります。

           パンダカンカン ではなく “うつわ屋”閑庵 

物の価格と物の価値

かれこれ20年以上前に、
あるデパートの外商販売員の方が、
デパートでの万引きにお話しをしてくださって、
その膨大な数字にびっくりしたものです。
でも、同じエリア内にあるIデパートは遙かに多いと聞き、
さらにびっくり。

今はどうかわからないのですが、当時のその方のお話では、
何でも、万引きは売り上高に推移する傾向があるとか。
つまり、魅力ある商品構成はそのまま、
悪魔のささやきも大きくなるのかもしれませんね。

さらに、良い品(高額な商品)がなくなるときに、
その価値なりをわかって持って行かれているそうです。
靴などは、履き替えていってしまう方法があって、
良い靴がなくなったあとに、
履き崩した高級な靴が置いて行かれていることが、
良くあったそうです。

うーん、そうなると・・・。
我が荻窪銀花では、
まずその手の被害に遭ったことが、
幸い少ないと思っていたのですが・・・。
それは、そうでもないかも。

つまり、悪魔がささやくほど魅力ある商品構成がなっていない。
加えて、価値は理解しても、使いたいと思わない・・・。

まぁーこれは、極端なお話しなのですがね。
第一、荻窪銀花には悪魔のささやきを聞いてしまうような、
お客さまは来店しませんから。
仮に、お客さまでないその手の方に、
ご来店願っても、触手を動かしたくなることがないのでしょう。
たぶん、荻窪銀花にあるような物を手に入れて、
使って頂いている方なら、
皆さん心豊かで、天使に近いはずからでしょう。
ははは、マジですよ。
加えて、狭い店で、暇で・・・。
当然、お客さまとのマンツーマンの会話をさせて頂くわけで、
その隙もないのでしょうけどね。

ただ、世の中の平均値からすれば、
荻窪銀花を構成しているものは、
価格ではなく、価値をご理解ただけないとならない品揃えなのかもしれませんね。
店主としては、”価値ある物”をセレクトしているつもりなのですが、
ぼくの物差しが、若干世の中とのすれが出て来ているのかもしれませんね。

手仕事の作品の、”物の価格と物の価値”は、
難しい問題を沢山抱えていますが、
価値基準に、心の豊かさが多くなり、
飽きずに、長く使うことで、
心で元が取れるという減価償却方法が成立して、
結果としての、”物の価格”へご理解が頂けたなら、
もう少し、心豊かで真面目な
前のページ 次のページ