FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冷たいのも熱いのも美味しく味わえる器

朝から携帯に熱中症に警戒のお知らせがどどいていました。
体にもそうですが気持ち的も蒸し暑さがこたえます。
そんな蒸し暑さにうんざりしている甘庵に思い浮かんだ器は、
久保田信一さんの刷毛目小丼です。
全体的に少しマットな質感が水に潜らせて使うことで、
涼感がぐんと引き出される夏向きの小丼です。

17_mycup_1313.jpg
久保田信一 刷毛目小丼碗  4,400円
径16.5cmH7cm


手に持っても使いやすいですが、
安定感のある高台なので鉢として、
積極的に使いたい器です。

17_mycup_1315.jpg

一人冷たい麺をいただくのも、
夏野菜たっぷりの栄養サラダをいただくのも、
冷たいとうがんをいただくのも美味しそう・・。

17_mycup_1314.jpg

と、器も冷やしておいて冷たい料理が、
美味しそうに盛り付けられたイメージが、
自然に浮かび上がります。

17_mycup_1316.jpg

でも・・・辛いものも暑いときには食べたくなりますよね。
ピリ辛の麻婆ナスや坦々麺も大汗かいていただくと、
その時は暑いのにその後がスッキリする感触も、
夏ならではの味わいかもしれません。

と、久保田さんの器はどれもそうなのですが、
食いしん坊の方なら必ず感じるのが、
美味しそうな料理のイメージがどんどん湧いてくる、
そんな器だと言えます。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

澄んだガラス素地の涼感がご馳走になる

梅雨の時期に毎年のように集中豪雨で被害が出てしまいますが、
今年は南九州で大変なことになってしまいました。
まだ降り続きそうですがこれ以上の被害が出ないことを、
祈るばかりです。

荻窪も気温が高くないのに蒸しています。
コロナ対策として窓を開けて換気しているのですが、
湿度に我慢できずにエアコンも稼働させています。

19_arakawa_0762.jpg
荒川尚也 ディップ小鉢 4,950円
径16.2cmH6.3cm


この蒸し暑さが日本のガラスの器を豊かにして行ったと、
甘庵は考えています。
ガラスの器として先進国だった欧米では、
器としてはグラスが中心で、
食卓に上って料理を涼しげに盛り付けるのは、
和の食文化だからこそです。

19_arakawa_0765.jpg

今日はそんな使い方にぴったりの、
荒川尚也さんのディップ小鉢をご紹介します。

19_arakawa_0763.jpg

美味しそうな水のように澄んだ素地だからこそ生きる、
アワ点文が三方向にさらりと入った、
シンプルでどんな料理も盛り映えして、
丈夫で使い勝手の良い日常的に使えるガラス器です。

19_arakawa_0766.jpg

それでいて品格があり、
しっかりとしつらえて盛り付けて、
晴れの器として力を発揮する器です。

               甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

清清しく花花しい鉢

巳亦敬一さんの個展の会期は今日までになります。
展示は少し変わりますがこれからの季節のものなので、
まだまだご覧いただくようにしておきます。

20_mimata_0100.jpg
巳亦敬一 ボール 花 紫 G 5,280円
径14.2cmH5.2cm


今日ご紹介するのも巳亦さんの個展作品から、
鬱陶しい梅雨の間に目を楽しませてくれる、
紫陽花を連想するような仕立ての、
ボール 花 紫G をご紹介します。

20_mimata_0101.jpg

まず目に止まるのは見込み絵になる、
とんぼ玉を組み合わせて埋め込んだ、
見込みの花文です。

20_mimata_0099.jpg

そこから放射状に緑とスキが交互に配置されています。
この縦縞文は緑が厚くスキが薄く、
立体的な縞文に仕立てられていて、
縁文は輪花が施されていて、
見込みの花文に加えて、
器全体も花花しくなっています。

20_mimata_0102.jpg

それでもくどさがないのは、
難しい造形でありながらも、
巳亦さんの巧みな技でサラリと作られた感が、
自然造形に似た印象を持つところと、
彩の構成の清々しさが大きく作用していると思います。

蒸し暑さの中でも一服の清涼感を与えてくれる、
この季節にぴったりのボールです。

                甘庵
 
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

前のページ 次のページ