FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

歪が美しいグラス

荻窪は雲の多い涼しい連休になっています。
移動や活動には程よい気温です。
3蜜を守りながら楽しいお休みを過ごされてください。

今日も開催中の荒川尚也宙吹きガラス展から、
綺麗な渓流を具現化してデザインの、
渓流グラスBをご紹介します。

20_arakawa_0134.jpg
荒川尚也 渓流グラス B 4,950円
径8.7cmH9.7cm
程よく入れて180cc


一番の特徴は縁部分のハンドモールです。
柔らかなグラスの縁を専用の道具で挟むことで、
7つ連続する凸型の丸ぽっちを数カ所生み出しています。
それは岩肌にぶつかり飛び散る雫の様に輝きます。

20_arakawa_0135.jpg

素地の中には太線1本と細線2本が交互に縦に入り、
外のハンドモールと相乗効果を生み出して、
勢いのある流れのように動きのある文様になっています。

20_arakawa_0136.jpg

ハンドモールが施されることで、
丸く吹き上がった縁を、
程よく手を加えた一つずつ違う歪が、
吹きガラスでありながらも、
侘びる美しさを感じ取れます。

20_arakawa_0137.jpg

渓流シリーズにはBの他にも、
どっしりした渓流グラスAと、
小ぶりな渓流グラス小と、
そのまま小さくした渓流盃があります。
どのグラスからも酒の肴になる、
渓流の音が聞こえてきそうです。

                 甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

自分だけの盃

開催中の荒川尚也宙吹きガラス展から、
一つずつの表情をもつ馬上盃をご紹介します。

20_arakawa_0087.jpg
荒川尚也 馬上盃 4,180円  
径7.5cmH10cm〜径6.5cmH12.7cm
程よく入れて90~120cc


ぐい呑らしい感覚で作られているので、
サイズやフォルムなど同じものがありません。
今回届いた5客も全て少しずつ違う表情です。

20_arakawa_0089.jpg

程よく入れて容積で90~120ccのサイズは、
ぐい呑としては大きめで、
小ぶりなリキュールグラスです。

20_arakawa_0090.jpg

その分酒豪でなければ、
使い方の広がると楽しめそうです。
ソフトドリンク全般や、
珍味を盛りつけたり、
一口デザートだったりと、
美しいフォルムをソーサーや茶托と合わせて、
さらによそ行きに盛り上げるのも楽しそうです。

20_arakawa_0091.jpg

そして同じものが一つもないため、
悩みながら選ぶ楽しさがあって、
自分だけの馬上盃と出会えて、
より愛着のわく盃になります。

           甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

澄んだ素地が生きる瓶

開催中の荒川尚也宙吹きガラス展から、
丸瓶をご紹介します。
荒川さんのネーミングにはひねったものと、
ベタにストレートなものがありますが、
これは正に見たままの名前です。

20_arakawa_0032.jpg
荒川尚也 丸瓶 クリア 22,000円 
径13.5cmH21cm


全体のフォルムにもひねりはなく、
実にストレートな造形です。
でもそれで十分な存在感があり、
澄んだガラスの素材感が素直に美しいと、
感じ取れるデザインです。

20_arakawa_0033.jpg

ポイントの手法とディテールを捕捉すれば、
首下から曲面になる部分から、
被せガラスになり細かいモールが施されています。

20_arakawa_0034.jpg

他のボトルに多いキャップにアワはなく、
澄んだガラス素地の塊の魅力で勝負しています。
実際にレンズの中を覗き込む楽しさがあります。

20_arakawa_0035.jpg

甘庵の酒への見識や暮らしへの取り入れ方からは、
使いこなせないかもと思いながらも、
美味い梅酒でも仕込んでおいて、
キュキュッと栓を抜き、
盆に整えた人数分のお気に入りの小ぶりのグラスや杯に、
静々と配り注ぎいれるのは、
ちょっとやって見たくなる情景です。

                甘庵
 

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村


和風ランキング

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

前のページ 次のページ